PENTAXマウントよ、永遠に!

ペンタックスマウントに使用できるオールドレンズを中心に、バイクや機械式時計とともに遊んでいきます。


どうもね。
SIGMA SD Quattro H の描写に「赤味」が不足していると思うんですよ。
接写とかで、「赤飽和しない」程度にチューニングされているんですかね。

で、色味はドップリと濃い、PENTAX 6×7 Super-Multi-Coated TAKUMAR 3.5/55 で試写を。

DSCF8003

Sigma SA マウントは、Kマウントですので、アダプターを介して、スポンとセットできます。
フランジバックは、違いますよ、何度も指摘しときますが。。。

DSCF8004

アダプター自体に三脚への取り付けができるよう(レンズ自体がメチャ重たいから)、配慮されているのは、素晴らしいことですね。

試写です。
全て、ISO 160 開放 1/20 ±0.0EV です。

先ずは、WB を太陽光・カラーバランスをSTD で。

SDQH0001-太陽-STD

本来、ニュートラルな色味が出るモードですが、何か「渋い」色味になってます。

次に、WB を太陽光・カラーバランスをニュートラル で。
SDQH0002-太陽-NTL

本来、「渋い色味」なハズですが、露光オーバーになっていて、色味が不明ですね。
デバイスをあれこれ変えて、皆さんに均等に見ていただけるよう、露光調整をしているつもりですが、どうも、自分のパソコン(Dyna Book)のモニターで見ると、露光オーバー程度でないといけませんので、確かな指摘ができません。申し訳ない。。。

次に、WB を太陽光・カラーバランスを風景 で。

SDQH0003-太陽-風景

カラーモードを「風景」にすると、葉の色が彩度の高い色味になるのは、間違いなし。

次に、WB を太陽光・カラーバランスをVivit で。

SDQH0004-太陽-VIVIT


なんか、代わり映えがしませんねぇ。。。
WB を蛍光灯にしてみましょう。カラーバランスは、Vivit のまま。


SDQH0005-蛍光

これはこれで、渋ちんだな。。。
サクランボの原画は、もっとピンクなんです。
で、蛍光灯の色味補正を少々、赤寄りにしてみます。

SDQH0006-蛍光-赤補正1

ちょっと、フレア掛ってきました。。。
赤くなる、というよりは、白いところが青くなってきました。

もっと、赤寄りに補正してみます。

SDQH0007-蛍光-赤補正2

白いところが赤くなってきまして、少しはサクランボが赤くなりましたかね。
全体としては、補正失敗、というか、補正はやらない方がまともかのような。。。

カラーバランスは、X-TRANS CMOS の圧勝なんですかね。
FOVEON センサーは、あくまでも「解像命」なんでしょうか。

それとも、SIGMA LENS しか、色味が合わないとか。。。
マジか。。。





Velbon の M47 という、4段三脚を購入しました。
販売画面上は、ベルボン・ ファミリー三脚と、まぁ心細い称号が付いていましたが、よく見ると、ビデオ撮影にも対応した、雲台自体に油圧が掛けられている、コスパの良さそうな三脚じゃぁ、ござんせんかっ。
➡ 流し撮りには、絶大な効果があるものと思います。
➡ 私は、しませんがっ。

また、雲台自体も、クイックシュー形態となっているとともに、当然ながら、脚は、クイックレバーロック式となっており、とても、ファミリー三脚なぞとは言っていられない、本格的な三脚ですね。

まあ、購入したといっても、SD Quattro H を買ったら、サービスで付いてきた、ってなモンですが、紹介せずにはいられないクオリティです。

DSCF6014

はーい。
こんな箱に入ってます。

DSCF6015

箱からですと、こんなソフトケースが。
この品質だと、ブチ切れますね、その内に。。。

DSCF6018

おおっ。
クイックレバーロック式の四角っぽい脚。使いよさげです。

DSCF6019

雲台、でかいな、ゴツいな。。。

DSCF6020

ここが油圧部のキモ。
左側のノブで水平方向の動きを司り、右側の普通のレバーで上下方向を制御します。
全閉でも、若干動き、カツカツというわけでもない三脚です。
あくまでも、使用用途は、ムービーですから。。。

DSCF6021

雲台は、このように外れるタイプの、クイックシュータイプです。
やばい。
カメラを交換した方が早い、ので、第478話のVelbon QHD-33 タイプを必ず選択していたのになぁ。。。
まぁ、3,650円じゃQHD-33 付けたら、脚1本しかない三脚になっちゃうとか・・・どっかに不具合がありそうだし。。。


DSCF6023

これが残念な装備ですね。
ZOMEI などという、中華ものでさえ、ベルトが付いているんですから、Velbon にも、持ち運び用のベルトを今後、付けてくださいね。
小指一本、引っかかっていれば、三脚は運べますので。。。


DSCF6024

伸ばすと最大1550mm 。
荷重は、1.5kg 。
ミラーレスカメラなら、十分です。

DSCF6025












SIGMA SD Quattro H は、大手のMap Camera で購入したんですよね。
したら、沢山ポイントを頂戴したので、使わないのもナニかと。。。

で、結果として、Quattro H を買ったら、ストラップと三脚が付いてきた、に等しかったな。。。
カメラ買って、そんなにサービスしてくれるかな、キタムラ。。。

先ずは、MAPCAMERA オリジナル「細」OBIストラップ 極青 を紹介します。

DSCF6004

包装状態は、こんなカンジ。。。

DSCF6006

ストラップの織りは、こんなカンジ。
滑りにくそうですね。

DSCF6007

細帯、ですが、カメラ側のリングへのアプローチ幅は、約7mm ですかね。
普通、もう少しあっても、入りそうですので、このストラップは、コンデジも意識しているんですかね。

DSCF6008

太いところで、約20mm 。
まぁ、可もなく不可もなく。。。

DSCF6005

購入時では、折り返しが、親の上に返っていますね。
これは、納得いきませんね。

DSCF6009

カメラに装着する場合、「下側」へ潜らせる感じですね。
その方が抵抗があって、抜けにくい。
下は、買ったまま。上にありますよね。

DSCF6010

はーい。
こんな風にできました。

DSCF6012

dp2 Quattro を買った時も、純正ストラップがショボいと思いまして、Merrill には、PENTAX 用を付けてます。








ここ数回、Quattro H の試写をしましたが、デバイスによっては、なんじゃこりゃ、と、露光が暗すぎるFOVEON の特性が出ちゃいまして、頭に来てます。

ならよ、+露光ビンビンでやってやっからよ!

今回は、第426話で紹介した、ASAHI OPT.CO. Super-Multi-Coated TAKUMAR/6✕7 2.8/150 を用います。
室内で、150mm は大変ですが、何とか撮影できました。

DSCF6003

DSCF6002

DSCF6001


撮影データは、ISO 160 開放 1/80 ±0.0EV です。
あれっ、±0.0EV ・・・ファインダー越しに、これで十分に見えちゃったものですから。

最初は、カラーモードをSTD で。

SDQH0001

まぁ、普通だな。

次に、ニュートラルです。

SDQH0002

これはねぇ。
やはり、フジのフィルムシュミレーションでいうところの「PRO Neg.STD」のように、ちょびっと、枯れてます。
渋い色出しをしたいとき専門ですな。

次に、風景です。

SDQH0003

これはねぇ、やはり、彩度が高いです。
フィルムシュミレーションでいうところの「Velvia」チックですが、Velvia ほどキツクないですが、まぁ、余程でないとつかわないかな。。。
Velvia は、Velvia で使いますので、多用しても良さそうなカンジですがね。

今度は、ホワイトバランスをAWB から太陽光にしました。
最初は、カラーモードをSTD で。

SDQH0004

色調は、変わりませんな。
ちょっと、温かいカンジになったかな。。。

次に、ニュートラルです。

SDQH0005

STD とニュートラルの差は、そのままです。

次に、風景です。

SDQH0006

やっぱねぇ、フィルムシュミレーションより使いにくいカンジですね。。。





前話でお示ししたとおり、SD Quattro H の試写段階として、Carl Zeiss Jena Flektogon 4.0/50 P6 を使ってみましょうか。

Jena ですので、色味はニュートラル、解像はFlektogon ですのでね。
しっかりと判断できるものと思います。
第470話で使っておいてよかった。。。
自分に自信が持てますよね、X-シリーズであの通りの描写でしたからね。
アレ以下だったら、SD FOVEON センサー、大したことない、と、なります。

DSCF4002

DSCF4003

DSCF4004


3枚とも、ISO 160 絞り5.6 1/100 ±0.0EV です。
先ずは、カラーモードを「ニュートラル」で。

SDQH0001

解像度は、バッチリ。
Vega 12B より、良いですね。
Xenotar 型は、質感良く、硬質感と鋭い階調表現を実現し、鷲の目テッサーと勝負する唯一のレンズである、レンズだと何度も紹介しましたが、どうも、テッサーの鋭さにかなわないと思いますね。
「上質な写り」になっちゃうかのような・・・Pancolar チックなような・・・
色味は、もう少し若葉色なんですよね、原画。

続いて、カラーモードを「STD」で。

SDQH0002

色味は、こんな色に近いです。
レンズが良くて、やっと、カラーモードの設定に自信が出てきました。

最後に、カラーモードを「風景」で。

SDQH0003

この色味だと、色気が出ちゃってますね。
STD ➡ 風景 ➡ ニュートラル の順で撮影すべきかと。。。






↑このページのトップヘ