PENTAXマウントよ、永遠に!

ペンタックスマウントに使用できるオールドレンズを中心に、バイクや機械式時計とともに遊んでいきます。

第207話、私の三脚② で紹介しました、SLIK 500G が単独でコンクリートの上に立てて置いていたら、風にあおられてひっくり返り、運悪く雲台の所が破損してしまいました。
古いものだったので、もう、プラスチックが老化していたんでしょうね。
このスリックの500G というモデルは、バカ売れしたモデルでして、スリック発展の礎になったモデルですね。
スリックは、このモデルを基礎に、「出した脚が空回りをしない」工夫をしまして、現在のように三脚の大所に成長したワケです。

で、懲りずに、またまた古いものをヤフオクで。
MINOLTA ブランドのものが新古品状態で見つかりました。
デッドストックってヤツですね。。。

DSCF2204

おおっ、小型で丁度いいサイズですな。
強度を保つステーが付いていますが、その分、軽いか、脚の強度不足なのでしょう。

DSCF2206

今は無き「MINOLTA」のロゴ。
カメラのファンで、MINOLTA ファンって、多かったことと思います。
007 にもMINOLTA のフィルムケースが写ってましたよね。
外国にも認知されていた、優れた映像メーカーでした。

DSCF2207

この雲台がなぁ。。。
非常に使いにくそうです。

DSCF2208

あんよは、こんなカンジ。。。
サイドロック仕様のワンタッチバージョンです。
この仕様は、とても使い易いです。

DSCF2209

で、雲台は、改造することに。。。
安心して使用できる雲台、Velbon のQHD シリーズから、今回は、「33」 にしました。

DSCF2210

ポン付けで載せても、レバーが稼働できるところがミソ。

DSCF2211

トルクを掛ける長い方のレバーが上にあるので、完璧っす。
で、Velbon の雲台のイイところは、カメラ側を動かさずしても、雲台と固定できるように仕掛けがなされているところが、これまた使い易いですね。

DSCF2212

DSCF2213

スムーズな脱着をパッケージで訴えております。
自分も、全く同感です。

DSCF2214

耐加重は、2㎏ですね。
Velbon QHD-53 は、推奨積載質量が4kg まで、というヘビー仕様を確保しましたが、この三脚だと、三脚自体が耐えられませんので、自ずとそれなりのものにしないといけません。
この三脚の購入目的は、ミラーレス専用なんで、そういった意味でも、NIKON D850 とか古い型の重いカメラじゃない、新世代のカメラには、このような三脚・雲台を用意する必要があります。
・・・ライト感覚ね。

これで、第206話で紹介しました、「私の三脚① Zomei Q555 + Velbon QHD-53 」の子分的実力のある三脚が確立できました。
反って、よかったかも。。。

 MINOLTA Tripod MT-1000 仕様
  4段・2WAY雲台仕様
  サイドロック仕様
  最小サイズ     370mm(355mm)
  最大サイズ 1040mm
  自重 700g
  




日本時間7月16日午後11時。
米国ソニーから、ニューヨーク発としてトピックが発せられた。

この秋、SONY α7R Ⅳ 発売!
ですって。

    SONY α7R ⅲ が発売されてから、1年半しか経ってないんじゃ。。。
    へぇ、儲かってると、次から次へとニューモデルをリリースしてきますな。

    なにせ、α7を切り崩そうと、キャノンもニコンも同様品を出しましたが、
    1  キャノンは、マウントが中途半端。
    2  ニコンは、力が入り過ぎて、素人では金がかかり過ぎ&手持ちのSDカードとか、手持ちのカメラ関係資産全てが灰になる。

    だから、α7 に逃げられちゃいましたね。

    SONY は更に、Lマウントアライアンス組合も、容赦なく潰そうかと、今回の畳込み投入ですね。

    まぁ、私的には、X-H1 を購入しましたんで、特に関係ないんですけど、対比・検討はしときますかね。



α7R Ⅳ とX-H1 との比較・感想


α7R ⅣX-H1感想
画素数
 6100万画素  2430万画素 大した差じゃない *1
ダイナミックレンジ
15段12段  
AF・AE追随連写
10コマ/秒パワーブースターあるなら類似性能も     
EVF
 567万ドット  369万ドット 1.5倍
測距点
567点91点
最大325点
2倍~6倍
手ブレ補正
5.5段5.5段

*1  センサーの大きさが違うから。
        フルサイズ  35.9mm × 24.0mm=861.6平方ミリメートル
         APS-C      23.5mm × 15.6mm=366.6平方ミリメートル  ➡2.35倍

         2430万画素 × 2.35倍=5710万画素⬅➡6100万画素 =1.07倍  って、とこだから。

この表を見ても、おおきく差を付けられているのは、測距点数ですかね。
まぁー、EOS R の「5655ポジション」ってのもありますんでね、どれほど測距点が増えればジャスピンにもっていけるのか、少ないよりは良いのでしょうけど、現在のX-H1 でも今現在は不満のないところですがね。

表にはありませんが、ピーキング色も、α7 Ⅳは、多分、「白・黃・赤」の「高・中・低」だと思いますので、見にくいでしょうし、「白・赤・青」で「強・弱」を持つX-H1 よりマニュアルフォーカスは合焦しにくいんでしょうね。
更に、フィルムシュミレーションがあるワケじゃないし、「画像の美しさ・自然さ」では、X-H1 に利がありそうですね。
そうそう、X-Trans CMOS の実力も加味しないとね。ベイヤーセンサーとの差、ってあるハズですからね。

➡ そういった意味では、SIGMA がFOVEON センサーでギブアップしたのは、残念だったなぁ。
  いいじゃないですか、別に高感度が上がらなくったって。低感度でも、解像度勝負でどうでしょう、と、なぜ言えなかったのかなぁ。。。
  売るためには、高感度ISO何十万です、と言いたかったのか。ニコンはZ シリーズで他の国産センサーに先駆けてISO 64!を実現したのに。
  あっ、フィルム世代の御仁であれば、ISO(ASA)100 は、当たり前で、白黒フィルムは100以下でしたよね。コダックとか。TRI-X 60 だっけ?
  そのフィルムが「良いフィルム」と皆が承知していた感度なんです。
  今が、高感度すぎるのになぁ。。。


α7 R の「R」って、「Resolution」の「R」だって、今、知りました。
なんのR かなぁ?とは、思ってたんですがね。
Racing の「R」かのようなイメージでした。

なら、α7 買うなら、R ですね。
イイ、コンセプトだっ。


で、今回α7 Ⅳ を取り上げた最大のポイントは、今回、「ピクセル シフト マルチ シューティング」なる機能が付いたことです。

この機能。
第451話で、私、取り上げましたよね。

これからのカメラは、手ブレ補正機能が付加される。
これに伴い、ピクセル単位で連写・合成した超弩級の絵ができる。

ねっ。
PENTAX が始めたワザが拡がってます。

α7 Ⅳ では、4枚連写なんてケチ臭いことは言わず、ナント!16枚連写だそうです。
凄い描写なんだろな?

α7 Ⅳ の連写性能は、1秒当たり10枚です。
16枚連写すると、1.6秒かかるんですかね。

・・・あちゃ、2秒間動いちゃいけないんだ。。。

大変だ。ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ。。。







このレンズは、第16話に登場しただけでした。
本当にご無沙汰でした。
1.4 と明るく、Lens Made in Japan ですからね。
相棒は、FUJIFILM X-T1 。
長年の相棒と付けっぱなしでの撮影です。


DSCF2200

DSCF2201

50mm の標準レンズなら、どんなシーンにも対応できる、幅ひろーい相棒です。
前話と同じく、ISO 200 絞り開放 SS は20秒~25秒。±0.0EVでの撮影です。

DSCF2116

DSCF2127-2 (クロップ)

DSCF2128-2 (クロップ)

DSCF2129-2 (クロップ)

DSCF2130-2 (クロップ)

DSCF2133-2 (クロップ)

DSCF2138

DSCF2140-2 (クロップ)

DSCF2141-2 (クロップ)

DSCF2142-2 (クロップ)

DSCF2143-2 (クロップ)

DSCF2144-2 (クロップ)

DSCF2145-2 (クロップ)

DSCF2146-2 (クロップ)

DSCF2147-2 (クロップ)

DSCF2148-2 (クロップ)

DSCF2149-2 (クロップ)

DSCF2150-2 (クロップ)

DSCF2151-2 (クロップ)

DSCF2152-2 (クロップ)

DSCF2153-2 (クロップ)

DSCF2154-2 (クロップ)

DSCF2157

DSCF2158

DSCF2159

DSCF2160

DSCF2161

DSCF2163

DSCF2164

DSCF2165

DSCF2172-2 (クロップ)

DSCF2173-2 (クロップ)

DSCF2174-2 (クロップ)

DSCF2175-2 (クロップ)

DSCF2177-2 (クロップ)

DSCF2178-2 (クロップ)

DSCF2179-2 (クロップ)

DSCF2180-2 (クロップ)

DSCF2181-2 (クロップ)

DSCF2183-2 (クロップ)

DSCF2186-2(クロップ)

DSCF2188

DSCF2192-2 (クロップ)

DSCF2196-2 (クロップ)


どうでしたか?
全44枚の撮影でした。
前話では、途中レンズを変えて撮影したりしていたので、「付けっぱなし」の方が、より多い枚数とシーンを撮影できました。

これで、良かったんだよね。
Canon とZuiko の2本で真っ向勝負すれば、完璧なんだよね。。。













↑このページのトップヘ