PENTAXマウントよ、永遠に!

ペンタックスマウントに使用できるオールドレンズを中心に、バイクや機械式時計とともに遊んでいきます。

2020年7月10日。
満を持して、数段前を行くカメラがCANONから発売された。
CANON EOS R5 。
キャノンオンラインショップでの価格は、税込 506,000円と高額だ。
しかし、オンラインショップへのアクセスがパンクするほどの人気ぶり。
もう一台、「NEW STANDARD.」を掲げ、EOS R6 も、8月27日から発売される。
購入前提で、本当に手放しで購入できる製品なのか、吟味してみたい。

前提となるのは、現行モデルのEOS R と何がどう違うのかピックアップしてみた。
1 イメージセンサー
 EOS R6 のイメージセンサーは、EOS-1D X Mark Ⅲのダウンスケールモデルだという。
 それじゃ、最高性能なんじゃないの?と思いがちだか、とあるリポートによると、EOS R の3030万画素以下の解像しかできなかったようだ。これはマズイな、ならばEOS R で良い。
 この現象は、良くありますよね。古いカメラを引っ張り出して撮影したところ、全然使えるじゃん!ってカンジ。
2 画像処理エンジン
 EOS R は、DIDIC 8 。EOS R5・R6 は、DIGIC X 。
 設計が全く異なり、これは圧勝だろう。
3 手振れ補正
 EOS R が売れなかったそもそもの原因。
 今どき、ボディ内手振れ補正のないミラーレスカメラなんて、ナンセンスだ。
 その意味では、今回のEOS R5・R6 の反響が大きいのは、当然のこと。
4 連写性能
 連写性能は、これは眉唾で、しっかりと見極めないと、結局、EOS R でも変わらないということになる。

 キャノン公式HP から。

★EOS R6 高速連続撮影時に最高速度で撮影するための条件
  2020年07月17日  文書番号:101700

 12コマ/秒の連続撮影(メカシャッター)が可能なEFレンズとは。
いろいろありますが、ハクチョウなどの野鳥・電車などの撮影を想定した前提で、代表的な所で、
EF600mm F4L IS III USM
EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4x

★ このリストの中には、エクステンダー2.0xはない。=使えないということだ。

 連続撮影速度最高約 20コマ/秒(電子シャッター)が低下しにくいレンズとは。
RF24-240mm F4-6.3 IS USM
EF300mm F2.8L IS II USM + Extender EF2.0x III
EF300mm F4L IS USM + Extender EF1.4x III
EF300mm F4L IS USM + Extender EF2.0x III
EF400mm F4 DO IS II USM + Extender EF2.0x III
EF400mm F5.6L USM
EF400mm F5.6L USM + Extender EF1.4x III
EF400mm F5.6L USM + Extender EF2.0x III
EF500mm F4L IS II USM + Extender EF2.0x III
EF800mm F5.6L IS USM + Extender EF1.4x III
EF800mm F5.6L IS USM + Extender EF2.0x III

RF レンズでは、テレ側を代表するレンズではこの1本しかない。
これを見ていると、合成F値11.2までは、エクステンダーが使用でき、 20コマ/秒がほぼ確保されているようだ。
まっ、RF600mmやRF800mmを発売し、合成F値22.0でもAFが効く、ということの裏付けになりそうですね。
商品説明でも、「光束対応AF F22」を豪快に説明しているのも肯ける。どのメーカーも付いていけないブッチ切りの性能だ。

5 オートフォーカス
 EOS R6 は、「デュアルピクセルCMOS AF II」を搭載。EOS R の「デュアルピクセルCMOS AF」よりも一世代新しく、動物(犬・猫・鳥)の瞳AFを始め、広範囲・高い精度・高速・低照度対応など、別物だ。
 注意点として、「4 連写性能」中の青字以外のレンズは、横40%縦60%の範囲しかAFが効かなくなる。これは大ブレーキな事項だ。
 今回のセールスポイントであるF11の超望遠レンズは、全て該当する。=積極的に使えないレンズ・日の丸フレームでしか使えないレンズということ。
6 EVF について
 約369万ドットは変わらないものの、EVFフレームレートがEOS R6 では119.8fps、EOS R では59.9fpsと、2倍の差がある。
7 シャッター耐久回数
 EOS R6 では約30万回。EOS R では約20万回。
 EOS R って、満を持してリリースされたCANON ミラーレスカメラの一番機とは、全く思えない性能だ。
 CANON は、ミラーレス、ナメていたな。

纏めると、

1 オートフォーカスが、動物(犬・猫・鳥)の瞳AFを始め、飛躍的に向上したことは、歓迎。
2 ボディ内手振れ補正機構が搭載されたことは、歓迎。
3 画像処理エンジン・EVF・シャッター強度が正常進化したことは、歓迎。
4 EOS-1D X Mark Ⅲ譲りのセンサーとはいえ、EOS R 以下のセンサーは、所有欲を削ぐ。
5 連写・オートフォーカスに関連し、F11以上の暗い絞り値になると、AFは効くものの中央部しか使えないのでは、実質、使えないに同じ。幻滅した。
 カメラボディとレンズで7~80万は投入するには値しないだろう。昼間しか撮影しないよ、という方なら十分見返りはあると思うが。
6 おまけに、30万円もして、プラ外装とは何たること。いい加減にしてぇ。。。



第538話で、自由雲台のARTCISE MB52 を紹介しました。
水平方向が2重に動く、ダブルパノラマ機構なので、流し撮りにイイかなと。

DSCF8041

MB52 は使用していて、水平方向の移動はスイスイ・滑らかで、とても使用感はイイです。
課題といえば、GANREF 先輩から「フリクション機能」の有無について指摘があり、まぁ、確かにな、と、思いましたが、使えてますね。
しかし、流石に、52mmのボール直径、耐荷重30 Kg・自重689 gは、しっかりしていて良いのですが、なんとなく重いですよね。
別の雲台として、BENRO B1 を買っていたのですが、これが滅法使いにくい。

DSCF9277-BENRO B1

カメラをリセットするときにノブを引くという動作が嫌でたまりませんでした。
BENRO B1 の代わりになる雲台は、やはりダブルパノラマ機構付きだよねぇ…と、いう条件付きで物色開始。
そうしましたら、ebay で「Cavix D-40S」という自由雲台を発見。
 ボール直径  40mm
 高さ     93mm
 重さ     510g
 荷重     8kg
まあ、使えそうですね。
ダブルパノラマに惹かれて、即購入。
値段は、送料込みで、9,220円! でした。
あっ、送料は、無料でした。
配送は珍しく、中国からDHL でブッ飛ばしてやってきました。3日で来ましたね。
ということは、「中国郵便」のトロくささの露呈とともに、流石、西側の配送網ってカンジですね。

DSCF9282

箱も壊れていないし、中国郵便のめちゃくちゃな配送とは、異質のコンディションです。

DSCF9292

ボール自体のフリクション制御、水平方向に対するフリクション制御に対して、2つのノブがあり、これは使えそうです。

DSCF9293

メインに使うボール用のレバーも回すタイプですが、使いやすそう。

DSCF9285

これでもかっ! と、付いている3連の水準器。
水準器は、見たこともない。。。
実際に使ってみましたが、荷重に対する課題は不明なものの、ARTCISE MB52 より、大夫使いやすかったですね。
メインの雲台になりそうです。軽いし。




久しぶりに、腕時計しますかね。
今回は、Hamilton 。
カーキ フィールド、というシリーズですね。

 
DSCF9249 (2)

自分が大好きな、デイ・デイトタイプ。
ダイアルは、Hamilton らしいデザインですね。
大きさは、42mmで、Silver Dial 、 Leather ストラップモデルです。

DSCF9865

竜頭は、「H」の頭文字があしらわれています。
国産のような、抜かりはないですね。

DSCF9874 (2)

DSCF9255 (2)

ピンバックルは、Hamilton の「H」をイメージしたものですね。
Hだから、2本で繋ぎます。
ベルトのステッチがおしゃれですね。

DSCF9876 (2)

leatherストラップの厚みは、4.2mm。
ゴツイですね。
色は、ブラックが基調なんですが、つや消し黒のような色合いで、シックでもあり、幅広い利用が想定できますね。
ダイヤルも、シルバーですが、白にも見え、なかなかヤル時計です。
おしゃれ。

DSCF9877 (3)

背面は、シースルーバック。
キャリバーは、ETA C07.621です。
ETA2836-2 の発展版ですかね。
機械の動き方は、イイですよ。
平置きで、1日当たりの誤差はナント! 0秒です。
十分満足できる機械式時計です。


諸元を。 
自動巻き・手動巻可・ハック機能付き
毎時21,600振動 6振動
パワーリザーブ 80時間
風防 Sapphire Crystal
防水性能 50 m
ベルトサイズ 20mm


X-H1 を使用されている方、頭にきてませんか?
AF でちょこっと使用されている方では全く解らないと思いますが、MF で焦点を合わせようとしていると、EVF の電力過多から、バッテリーを守ろうとして、X-H1 は自動的に省電力モードとなり、結果、EVF がこんにゃくのように「揺らぎ」だします。

なんだこりゃ?
故障じゃねぇのか。
早速、FUJIFILM の相談センターに電話。
担当のお姉さんは、良く知ってますね。偉い。
で、回答は、『ブーストモード』にしてください。
➡ とっくにしてるよ。
で、回答は、『バッテリーグリップがあれば大丈夫かと。』
➡ あのね、お姉さんは、若いから知らないだろうけど、あの手は昔、モータードライブ、通称「モードラ」なのであって、アレを使う人は新聞屋とかプロの人なワケ。おれらアマチュアはあーゆーの重たいから使わないワケ。事情は解った。ということで落着しました。

以後、だましだまし使ってきましたが、もーガマンできねぇ!
って、ワケで今回バッテリーグリップなるものを導入した次第です。

FUJIFILM X-H1用縦位置バッテリーグリップ VPB-XH1 。
アマゾンで、29,000円、中古で22,000円位でしたか。
ebay で、送料込み16,604円でした。
もちろん、私は迷わずebay で購入。

DSCF9224
こんな箱に入ってました。

DSCF9225
中を開けると、日本語の取説も。
充電ケーブルは、第一義的には外国のコンセント用のものですね。
ですが、日本用のアダプターも入っていたので、カメラにセットしたまま充電もできます。

DSCF9226
信頼しているROWA のバッテリーを組みますか。

DSCF9227
はい。セット完了。

DSCF9229

X-H1 の背面の端子カバーを取って、バッテリーグリップの収納場所へ格納します。

DSCF9228
ただ、移動しただけですが。

DSCF9230
はい。ぴったり収納できました。

DSCF9231
いよいよ、バッテリーグリップ側の電源供給端子のカバーを取り、カメラへセットする準備ですね。
で、このバッテリーグリップ側のカバーはどこへ収納するかといえば、「おウチで保管」ですね。

DSCF9232
バッテリーも格納しましょう。

DSCF9233
モニター下のダイヤルを回せば、三脚の要領でセットできますね。

DSCF9240
はい。完成です。
大嫌いな姿になっちまった。

DSCF9241
おおっ、健気にも、カメラ本体のバッテリー残量、バッテリーグリップ内の2個のバッテリー残量もモニターに出るんだね。

DSCF9243
こんなところに、シャッターボタンが。。。
おまけに、露出調整のボタンも。。。
こりゃ、やはり「モードラ」ですわ。

で、試写をしたところ、バッテリーグリップ側の「NORMAL」では、揺らぎます。
DSCF9242
やっぱ、「BOOST」モードが必須かよ!

でも、良かったよ。
これで、MF で焦点合わせをしている時にユラユラお化けを見ずに済みそうだ!
おっけ!!





7月9日、午後10時5分。
CANON から、「EOS R5/R6 ほか、EOS R SYSTEM新製品発表・発売」のメールが来た。

内容を確認すると、皆さんも御存知とは思うが、今までのミラーレスへの取り組みの遅れを一気に挽回するかの如く、意欲的な製品群が一気に発表されたな。

第539話で、『F7.1 のレンズに2倍のテレコンが使えるってさ、合成F値は、14.2じゃん!
て、ことは、最新鋭機のEOS 1 DXIIIの合成F値11.0を超え、合成F値15.0ってことじゃん!』と、指摘しましたが、実物は、合成F値22.0を飲み込む能力で設計されていました。
他のカメラが、F5.6でしかない現状を鑑みますと、4段ですか、差を付けましたね。
1段でも凄いのに、今回のCANONは神業ですな。

7月10日、R5 とレンズとエクステンダーを買おうかとオンラインショップにアクセスしたら、アクセスが集中して、パンクしていた。
パンクって、どんだけアクセスしてんだよ。

え"っ、オンラインショップ受付開始から、まだ30分しか経っていないよ。
今、10時30分ね。

↑このページのトップヘ